top of page

5年の婚活で100人以上の男性と会って、理想の彼と成婚するまで 34歳から39歳までの婚活 ②

埼玉県坂戸市の結婚相談所 坂戸よつ葉マリッジ 結婚カウンセラー高橋裕美子です。


結婚できない男性ばかりよってくるのに、結婚したい気持ちはどんどんふくらんできました。結婚したい理由が、周りの友達が次々と結婚して焦ったとか、親に心配されてというかたも多いですが、私はもっと切実な理由でした。

一人暮らしが5年目に突入し、自分で作ったごはんを一人で食べることが、限界になってきました。調理師と管理栄養士の資格を持っているので、まわりの人がおいしいと言ってくれるものが作れるのですが、一人で食べても美味しくないと感じることが増えました。

たまに友達が食べにきてくれることがありましたが、それでは満足できませんでした。ひとりだと料理をする気が起こらず、お米を何日も炊いていない、今日の夕食は菓子パンということがしょっちゅうでした。

だれかといっしょに生活したい。結婚したら今よりまっとうな生活が送れるのではないか。独身でも幸せでしたが、結婚したらもっと幸せになれるはずだと根拠はないですが信じていました。


とにかく普通に働いていて、結婚する意志のある男性に出会わなければと考えました。

当時、大手の結婚相談所の存在は知っていましたが、入会するだけで20万円以上かかり、断念しました。最終的に主人と出会うことになる個人で経営している仲人型の結婚所を全く知らなかったのです。そして将来自分で仲人型の結婚相談所を経営することになります。

色々調べた結果、当時のヤフー縁結びに登録して活動することにしました。当時はマッチングアプリがありませんでした。ヤフー縁結びはマッチングアプリと同じようなものだと考えていただいてよいと思います。

やる気充分だった私は、プロフィール写真を伊勢丹写真館に撮りに行きました。他のスタジオはよくわからず、就活の証明写真で有名な伊勢丹写真館だったら、最高の一枚にはならずとも間違いはないだろうと決めました。メイクをプロにやってもらうか迷いましたが、自分ですることにしました。奇跡の一枚とまではいきませんでしたが、自分らしくきれいな仕上がりでした。

プロフィールも男性に好感を持ってもらうためには何を書いたらよいかさんざん考えました。当時、人から言っていただくことがあったので、声がきれいだとほめられることがあります。と書いてみました。また、接客の経験が長いこと、調理師免許を持っていること、パティシエの経験があること、趣味はお菓子作りと書きました。その時は知る由もありませんでしたが、これを書くことによって、あるニーズを求めている男性からのメッセージが大量にくることになります。

どんな男性からメッセージがくるだろうか、そもそもメッセージがもらえるだろうか?期待と不安でどきどきしながら、登録してメッセージを公開しました。


続きます。


あなたが本気で結婚したければ、諦めなければ結婚できます。私は全力でサポートいたします。






閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

11/5(日)開催「さかど産業まつり」に出展します!

日時:2023年11/5(日) 10:00~15:00 会場:坂戸市立文化会館「ふれあ」のホール室内 ★ホール入り口から入って右側手前にブースを出します。 『さかど産業まつり』について↓ http://www.sakado.or.jp/special/industrial_festival/2023.html \婚活についての質問、なんでも受けます/ 「マッチングアプリと結婚相談所はどう違うの?」

Comments


記事: Blog2_Post
bottom of page